一人暮らしの節約 貯金のすすめ

一人暮らしを始めると将来のことを真剣に考えることも増えてくると思います。
ここでは「一人暮らしの貯金」の仕方やコツを色々紹介しています。

毎月、あらかじめ貯金する額を決めておく
・ 他のページでも紹介していますが、毎月貯金をするコツは「あらかじめ貯金する額を決めておく」ことです。
貯金が思ったように出来ない場合は、月末に急に出費や予定外の出費が増えたりしてしまうことが多いようです。
「残ったお金を貯金しよう」と考えていると予定通りいかないことが多くなります。
ですので、まずその月の予算(給料)から家賃・光熱費などの必ず必要になるお金と貯金したいお金を最初に差し引きます。その残ったお金で毎月生活していくように心掛けることが大切になってきます。
例えば手取り20万円の人が毎月10万円貯金しようと思ったとして、(金額は例です)家賃6万円・光熱費など1万5千円・食費1万5千円・その他1万円・・・といった具合に毎月の頭に使える金額を把握しておくことで無駄な買い物をせず節約意識も高まります。
もちろんもっと細かく計算できる場合は、それを実践したほうがより確実に貯金出来るようになります。

将来設計を考える
・ 10代〜20歳くらいで人生設計まで考えることは少ないかもしれませんが、管理人も含めて20代・30代で一人暮らしの人は将来への不安を覚えることも多くなると思います。結婚するかどうかによって金額も変わってきますが、ある程度の貯金はしておきたいと考える人が多いでしょう。最近では老後の資金として、最低限の生活をしたとしても3000万円〜5000万,6000万円程度は必要だそうです。(もちろん年金で大半をカバーできます。) またリストラや早期退職・病気などを考えると若くても数百万円以上は貯金しておきたい所です。
人それぞれ生活スタイルが違うのでいくら貯金をしていればいいか一概に言えませんが、早めに貯金を始めておくことをおすすめします。(管理人自身が10代〜20代前半は全く貯金しなくて後悔しているので・・^^;)
ですので、まずは「何歳までに」・「いくら貯金したい」のかを出来る範囲で考えてみてください。
それを月数で割れば毎月の必要貯金額が分かりますので、目標が出来ると思います。

高利率の定期預金に預ける
・ 近年日本の銀行の利子は無いに等しくなってきています。このページを作成している時点では一時期より上がっているようですが某大手銀行のサイトを見ても、「普通預金年0.100%」・「300万円以上10年ものの例で年0.800%」だそうです。
この場合、普通預金に100万円預けても一年で1000円、定期預金に1000万円預けたとして一年で80000円の利子が付きます。(税引き前ですので、実際受け取れる額はx0.8が目安です)
ですので、少しでも高金利の銀行に定期預金をするのが一番良さそうですが、調べてみるとネット専業の銀行が比較的高金利になっているようです。管理人が利用しているイーバンク・ジャパンネット銀行では、5年ものの定期預金で年1%以上の金利があります。
先ほどの例で1000万円預けたとして、年10万円の利息でしかも5年で満期が来ます。
もちろん外貨預金などもっと高利息の貯金もありますが、元本割れのリスクがあるので余裕のある資金以外での運用はおすすめできません。(と言いつつ管理人は実践していますが・・^o^;)
これからは景気回複に向かう可能性が高いですし、今後更に金利が上がる可能性があるかもしれません。
ですので、ある程度まとまったお金を貯金していることで更にお金を増やすことが出来るかもしれません。

イーバンク銀行





◇ ここまで貯金の仕方と定期預金について掲載させていただきましたが、今まであまり貯金について考えてこなかった人でも是非参考にして将来設計に役立ててください。
もちろん貯金する目的は人それぞれですので、老後の資金から夢を実現するためなど何でも良いので目標を作ってみてください。

インターネットバンク比較

一人暮らし!節約術トップへ

ウォーターサーバー比較