FXは最近注目の投資方法で、外貨を売買することで為替差額の利益を得たり高利率の外貨を保持することで日本との金利差を受け取ることが出来ます。
また最大の魅力は、資金を保証金として1〜20倍程度の金額を運用出来る点です。(レバレッジといいます)
例えば10万円の資産があるとします。それでUSドルを1万通貨を買う場合、レバレッジ20倍をかければ保証金5万円程度で可能になります。(保証金やレバレッジは会社による)
1万ドルは円で換算すると大体110万円〜120万円程度になりますので、5万円の保証金で100万円以上の運用ができる計算になります。
これは外国為替取引の場合、株のように企業(為替の場合は国)が倒産するなどといったことがまず無いから可能なんだと思います。

またスワップと呼ばれる金利差を受け取れるのもポイントです。現在日本が低金利のため外国との金利差が大きいのですが、FXではその差額を外貨のポジションを持っている間ずっと受け取ることができます。例えば1日で1万USドルあたり150円前後のスワップがもらえます。
先の例の場合、元は5万円の資産ですが1万USドルを預けていることになりますので、1日150円前後のスワップを受け取ることができます。
この場合、スワップだけで年間5万円以上得ることができる計算になります。
ただし、レバレッジを高く設定した場合、為替変動による損得の金額の方が大きくなる可能性があります。

FXでは為替変動による差額の利益狙いとスワップ狙いの2パターンがあります。
スワップ狙いの場合、レバレッジは効かせず長期運用した方が安全ですがリターンも外貨預金と変わりなくなってしまいます。
もちろん為替変動による損得も発生してきます。

一方為替変動による利益狙いの場合は、短期・中期で売買を繰り返すことになると思います。
これは株をやっている感覚に近いものがあるかもしれませんが、外貨の買い・売りの両方から入れるので、円安・円高になった場合のどちらでも利益を出すことが可能な点が株よりメリットがあるといえます。
(もちろん状況により柔軟に対応できるのがポイントになりますが・・)
例えば先の例で1万USドルを1ドル115円の時に買ったとします。※(この時点では115万円相当)
一ヶ月後1ドル120円まで円安になったので、円を買い戻します。
すると1万USドルは120万円になって円に戻されます。
自分の資産(保証金)は5万円だったのが、結果10万円になって帰ってくることになります。(この場合手数料は会社によりますが1000円程かかります。スワップは30日分の約4500円が別に受け取れます。)

管理人がFXを選んだ理由としては・・
・小資金でも始められる
・円安・円高、どちらの場合でも利益を出すことが出来る (これが一番、株と比べてメリットが大きいと感じました)
・株より分かりやすく、銘柄選びで悩むことがない
・株と比べて誰にでも公平でフェアな取引である
・外貨預金より圧倒的に手数料が安い
といった点です。

デメリットはそれ程感じませんが・・
・レバレッジを高くかけると一日で財産を失う可能性がある(リスク管理を勉強すれば良いだけですが)
・株と比べて周りでやっている人が少ないので、情報交換がしにくい。
・24時間オープン(土日は休み)のため寝ている間に為替が大きく変動しているのが心配。(これもストップをかれておけば良いだけですね)
・・・くらいでしょうか??


管理人も最近始めたばかりなのでまだ結果報告できる段階ではありませんが、資産運用方法の1つとして検討してみてください。
まずは、外為..comのバーチャルFXなどで実践感覚を積んでから、取引を開始することをおすすめします。


参考リンク FX入門!




一人暮らし!節約暮しへトップへ

ウォーターサーバー比較