一人暮しの節約生活術 ベランダの鳩よけ対策

ここでは昼間は留守がちな一人暮らしの悩みの1つ「鳩よけ対策」紹介しています。

鳩が習慣づく前に対策

鳩がベランダに来て困るのは、巣を作られたり糞をされたり早朝の泣き声で起こされたりなどです。
鳩は一度場所を覚えると巣を作ろうとするのか、何度も来るようになる場合があります。
管理人の家のベランダにも夫婦(?)の鳩が数年通い続けて凄く困っていました。
しかし、鳩よけ対策を実施するようなってからはほとんど来ることもなくなりました。
もしベランダの鳩に困っている場合は、誰でも出来る対策方法がありますので、色々試してみてください。

対策 手すりに止まれなくする

これは半信半疑でしたが、非常に効果がありました。
鳩はベランダに侵入する際、必ず一度手すりに止まって(人がいないか)安全を確かめる習性があります。
ですので、手すりに止まれないようにすることで鳩が来ることは大幅に減らすことが出来ます。

手すりに止まれなくする方法ですが、最近では専用のグッズが売っています。
このグッズには色々ありますが、手すりの上にテグスという釣り糸のようなものを設置したり針金のようなものを取り付けたりします。
管理人は針金のがバネになっているようなものなのですが、「 鳥止マレーズ 」を利用しています。
これはコイル状のバネになのですが、手すりの上に設置するだけで鳩が止まれなくなります。
管理人の使った場合では設置後、鳩はほとんど来なくなりましたし、2,3回見たのですが実際に鳩が手すりに止まろうとしても止まれないようで他へ行ってしまいます。
管理人はここで鳥止マレーズ買いました
この商品は手すりの形状・太さに制限があるので注意してください。

↑は管理人の家の鳥止マレーズの設置画像です。意外と小さいです。

鳥止マレーズが設置できない場合は、鳩よけの テグスセット も売っていますので是非参考にしてみてください。

他にもネットを取り付ける・すだれを付けると言った方法もそこそこ効果があります。

一人暮らし!節約術トップへ

ウォーターサーバー比較