〜一人暮らしの引越しから節約生活術まで一人暮しの始め方を紹介!〜

一人暮しの節約術
預金・資産運用で貯蓄を増やす

 一人暮らしの将来は不安なものです。貯金は中々増えないし、副業は禁止されている・時間が無いという人も多いと思います。
ここでは定期預金から少ない貯金を効率よく増やす資産運用や投資方法を比較しています。

投資方法 最低必要資金 リスク リターン コメント
外国為替FX 1〜10万円以上
(30万円以上推進)
あり
※高レバレッジをかけると高くなります。
才能と努力次第では無限? 基本的には為替変動による差額で利益を出すものです。外貨の売り・買いどちらからでも始められ、レバレッジをかけることで最大で資産の20倍程度のお金を動かせます。
外貨を買った場合その20倍の額にスワップ(日本との金利差)が受け取れるのも特徴です。
2007年現在、日本の政策金利は1%以下ですが、他の主要国では5%以上は当たり前です。
株より分かりやすいのも特徴です。
管理人も実践中です。
ミニ株なら10万円程度〜 あり こちらも才能と努力次第では無限?? ここ数年の株価上昇に伴い大人気の株です。配当金や株主優待があるのも魅力です。
ある程度の資金がないと大きく増やすのは難しいんじゃないかと思います。
管理人の周りでは株でベンツ買った人もいれば、財産の大半を失った人もいます。
株価上昇している今が始め時かもしれません。
定期預金 1〜10万円以上 ほとんど0 年0.1%前後〜
1%前後
最近ではネット銀行の方が高利率みたいです。
預金保護制度の一金融機関あたりの上限額1000万円までにして預けたほうが間違いがないそうです。
外貨預金 1〜10万円以上 数パーセント程度の損をする可能性あり 金利は国内で預けるより高い。2〜5%前後
円安が進めば更にリターンが大きい。(逆もあり)
管理人としては手数料が高いので止めてしまいました。
外貨の買いからしか始められないので、円高になるとどうしようもないです。
個人的には外国為替FXがおすすめです。
投資信託 1万円程度〜 あり 運用成果による 投資信託はプロの投資家にお金を預けて株などで運用してもらうものです。
ですので、運用経費等は差し引かれますがプロに運用してもらうことでプラスになる可能性は高くなりますし、預金よりも高いリターンが期待できます。

※2007年3月作成
運用・投資の判断は、自己責任でお願い致します。




一人暮らし!節約暮しへトップへ

ウォーターサーバー比較