〜一人暮らしの引越しから節約生活術まで一人暮しの始め方を紹介!〜

一人暮しの節約生活術〜水道料金節約〜


水道代はお住まいの地域によって値段が違うのですが、毎月5000円近く行ってしまうような人の場合は努力によって目に見える位節約できます。
水道料金は一人暮らしの場合それ程多くなる人は少ないと思いますが、ちよっと多いかなと感じている人は参考にしてみてください。

水道代の大部分はお風呂

水道代の中で一番大きいと思われるのがお風呂です。毎日あれだけの水を入れ替えるのなら当たり前かも知れません(^^;
まずシャワーのある人は積極的に利用してください。ただし15分近く流し続けると湯船を入れ替えるのと変わらなくなってきますので垂れ流しは禁物です。もちろんシャワーだけの日は湯船の水は入れません。
またこれは基本ですがガスで沸かすタイプの場合、あまり上の方まで水を張らず最低ラインの所までにしましょう。時間は、多くの携帯電話に付いているキッチンタイマーを利用してセットしておくと便利です。

また蛇口に付けるだけで、高さまで来ると自動的に水が止まるグッズもあります。
バスピッター
浮き輪を利用して止まるのですが、トイレの仕組みと似ています。一人暮らしの人にはほんとに便利です^^;
これはもう定番ですがお風呂の残り湯で洗濯するグッズというものもあります。(管理人は面倒なのでやっていませんが・・^o^;)
トイレの水道代節約

トイレの水道代は一人暮らしだで昼間在宅していない人ならあまり多くは無いと思いますが念のため紹介しています。
まず大と小の使用を使い分ける習慣をつけましょう。
また昔からある方法ですが、トイレのタンクの中に水を満タンに入れたペットボトルを入れると節約になります。
ただし、若干水の流れる勢いが弱くなります。あとペットボトルが排水の部品などに引っかからないよう注意してください。(下手すると水が止まらなくなります。)

水道の蛇口はこまめに閉じる

これも基本的なことですが実践するのは難しいです。歯磨きの時は磨いている間や濯いでいる間は、蛇口を閉じましょう。食器洗いもまず全ての食器を洗剤で洗ってから最後に濯ぎをしてみてください。
また、台所の水道代を節水できるグッズもあります。取り付けるだけで年間数千円の節約になるそうです。水道代が高くて悩んでいる人におすすめです。

一人暮らし!節約暮しへトップへ

ウォーターサーバー比較